So-net無料ブログ作成
検索選択

きんぴか 5話(最終回) 生放送での暴露は気持ちがいい ネタバレ含む [きんぴか]

WOWOWの連続ドラマW「きんぴか」5話(最終回)の感想(ネタバレ・あらすじ含む)です。

健太、広橋、大河原の3人の悪党の筋は通すことができるのでしょうか?

4話のネタバレ・感想

最終回のネタバレ・感想に入ります。


sponsored link



「きんぴか」5話(最終回)の感想(ネタバレ含む)


大物国会議員の山内(村井國夫)の収賄の真相を追っていたジャーナリストの草壁(三浦誠己)が、死体で発見された。
頭を打ちぬかれて浮かんでいたと。
たぶんプロの仕業。


直前までテレビで山内の真実を暴くと発言していたり、
広橋(ユースケ・サンタマリア)に、
「法廷で証言台に立ち、保釈された山内(村井國夫)の収賄の真実を話してほしい」と言っていたのにだ。

関東テレビのプロデューサーも安置所に駆けつけた。
※てっきり草壁の死に関わってるのかと思ってたんだけど、違うのか・・・。

現場では天崇連合会のバッジが発見された。
すぐに天崇連合会の若頭・田之倉(岩松了)と傘下の岩松組組長・岩松(山本龍二)に容疑が掛かった。

広橋は、自分が草壁を巻き込んだんだと落ち込みます。
だが健太(中井貴一)は「草壁はスクープをしたことは絶対後悔していない」と励ます。

++++++++++

そんな中、山内がテレビの生放送番組を利用して無実を訴えようとします。
関東テレビの川口プロデューサーが教えてくれました。
※やっぱりこのプロデューサーはいい人みたいですね。

川口プロデューサーは、山内にそんなことをさせたくない。
広橋は、草壁の「法廷で証言してほしい」という言葉を思い出し、気持ちが揺らぎます。

++++++++++

健太は克也(青柳翔)から、草壁のそばに天崇連合会のバッジがあったことを知ります。
克也曰く、それは天崇がやったと見せかけ、
勢力を伸ばしている関西の星名組がやったかもと。

老刑事の向井(綿引勝彦)と健太は、草壁が撃たれた現場に行きます。
そこで、撃ったのはやはり星名組だと確信。

健太と大河原(ピエール瀧)は、星名組に乗り込みます。
広橋には「お前はほかにやることあるだろ」と。

++++++++++

広橋は草壁の死体を見ても平常だった。
死体を見たのはこれで二度目だったからだ。

一度目は父親の死体。
広橋の父親は、酒乱で暴力をふるう。
母親が殺されるかもしれない。
そんな時、父親は足を滑らせ用水路に落ちた。
だが、広橋は助けを呼ばなかった。

「母親を楽にさせたい」
広橋は官僚を目指したが、収賄の容疑をかぶらされた時、何かが壊れた。

向井「理不尽が許されていいのか・・。お前は頭がいい。ただ一つ足りないのは勇気だ」

sponsored link




川口プロデューサーにメールが入ります。

番組本番前の川口と山内。

川口「私はもう辞めるんです。本当の怒り、嘆きを伝えることのできないテレビに決別しようと思いまして。」
※怖い!!生番組で何かが起こる!?


-山内が出演する生番組が開始-

自分の釈明を述べる山内。
突然、亡くなったジャーナリスト草壁の写真一面になります。

「番組上の演出です」と川口プロデューサ。
そこから川口Pが司会進行をすることに。

「次は、私設秘書の榊原六兵さんに意見を述べてもらいます」

驚く山内。
榊原が苦しそうに入ってきました。
「先生、もうだめです。星名組は地検に引き渡しました。あの記者を殺した男と一緒に!」

「これは陰謀です!!!だまされないでください!!!これで私は失礼する。」

帰ろうとする山内の目の前に・・・

カメラを回せ!!!!」

広橋が!!!

「先生、いや、山内さん。僕は法廷に立ちます。そこで僕が見てきたこと全て・・・真実を話します。」

「なんでこんなことを!貴様!!」

「先生、見苦しいですよ、国民のみなさんが見ています」

※川口Pはやっぱり良い人だった!! 生放送での暴露は気持ちが良いですね。

++++++++++

一方、危篤だった天崇連合会・総長が意識を取り戻し、
次の幹部会で天崇連合会の五代目を決めると宣言。

幹部会に兄貴(健太のこと)も呼べと総長が言っていると、
克也(青柳翔)から健太に電話が入りました。

退院時、看護師のマリヤ(飯島直子)に、
「あんた、わしの子分見てきたな~。
わしの跡目、誰がいいと思うか?」

「総長は政治家から金を取って寄付したり・・・
弱気を助け、強気を挫く・・・でしょ。」

「それが任侠だ。」

「だったら・・・・一人だけ親分に似てる人がいる。」

++++++++++

-天崇連合会の幹部会-

「わしは引退することに決めた。跡目を決める、初代からの決まりで、跡目に文句はつけさせない」

天崇の若頭・田之倉(岩松了)「異論はありません」

「なら・・・お前は引退しろ。お前、薬に手を出したな」

「円次(傘下の岩松組組長(山本龍二))、お前もダメだ」

「跡目は阪口健太と決めた」

「総長、お心遣い、ありがとうございます。
親に捨てられ、世の中もしらね、くずみたいな俺を拾ってくださりありがとうございました。
俺に熱いものをここに叩き込んでくださったのは総長でした。

しかし俺は、そんな親父に弓を引きました。
総長のお言葉が絶対だと分かっています。

ですが、どんな訳があれ、
親父に弓を引いた以上、俺にはその資格はありません。」

健太はバッジを外しました。

「健太・・・・」

「お世話になりました」

幹部会から出ると・・・

「健太!!」
マリヤが駆けつけてきました。

「あんたの傷を治せるのは、私だけだからね」

「お前は、いい女だ」

健太は行ってしまいました。

++++++++++

大河原はスーザンに行くと。
「PKOは俺を必要としてくれてる」

「広橋、この世に、不必要な人間はいません。それでも不必要だと思うのなら、お前のわがままだ。
貴様も貴様自身の人生を誇りに思え」

「元気で!!!」

++++++++++

「行くのか、お前らしいぜ。」

「親に捨てられたガキが、たった一人で」

「奇跡だ、生きてることが」

ピストルを向井に渡し、健太は行ってしまいました。

++++++++++

広橋も「会津に帰ります。親孝行の一つもしないと。
権さん、一つ聞いてもいいですか?
どうして僕たち三人集めたんですか?」

向井「女房も子供もいない俺が、息子を持ってみたかっただけだ。
馬鹿なほどかわいいというが、馬鹿で馬鹿でどうしようもない。」


それぞれの道を行く三人・・・・・・。



※3人の筋は通すことができたのでしょうか? 健太と広橋はなんとなく解決した感じですが、 大河原のことは中途半端なような・・・・。 とりあえず、広橋が収賄の容疑が晴れたのが良かった。 (これから裁判なので、正式には晴れていないが)



原作は浅田次郎さんのきんぴかです。

  


≪過去のネタバレ≫
1話 2話 3話 4話 5話(最終回)


5話(最終回)は、WOWOWプライムで以下の日時に再放送。
3/14(月) よる10:00
3/19(土) 午後0:00  


sponsored link




共通テーマ:テレビ
Copyright © 美しき罠~残花繚乱~あらすじ・ネタバレ・結末ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。