So-net無料ブログ作成

きんぴか 4話 感想 拳銃のロシアンルーレット ネタバレ含む [きんぴか]

WOWOWの連続ドラマW「きんぴか」4話の感想(ネタバレ・あらすじ含む)です。

ドキドキでしたよ。
拳銃のロシアンルーレット。

今回は福島克也(青柳翔)が活躍!!

4話のネタバレ、感想に入ります。

sponsored link



「きんぴか」4話の感想(ネタバレ・あらすじ含む)


健太(中井貴一)が何者かに撃たれました。
のちに分かったのですが、全部刑事の佐久間(神尾佑)の差し金。
前科者を利用して健太を殺そうとしたのですが、失敗に終わる。

警察内で、天崇連合会をつぶすには資金源の福島克也を先につぶせば、天崇連合会もつぶれる・・・

佐久間は克也と二人で飲みにいい、探りを入れる。
そしてまた前科者を利用し、克也の娘を誘拐した。
※克也の娘、まだ幼稚園生くらいだと思ってたら、中学生?くらいでちょっと驚いた(笑)

娘のサヤカを助けたかったら、健太を殺せと。

悩んだ挙句、克也は健太を呼び出しました。
「サヤカが襲われたんです。こうするしかないんです」
克也は健太に拳銃を向けます。

「やれ、絶対外すんじゃねーぞ」

++++++++++

テレビでは、収賄容疑の議員・山内(村井國夫)が釈放されたとニュースが流れます。
そのことでジャーナリストの草壁(三浦誠己)がコメントを述べます。
「テレビを見るように世の中を見てはいけない」

放送後、テレビ局関係者にも「素晴らしかった」と言われ、
一緒に山内を追いましょう!と握手をしていました。

車に乗って帰る草壁を、意味ありげに見送るテレビ関係者。

車中、草壁が疲れた雰囲気でいると、
運転手がドリンクをどうぞと差し出しました。

それを飲む草壁。
そして・・・・これまた意味ありげにルームミラーで見る運転手。

++++++++++

その後、前科者が佐久間に電話
「阪口健太は死んだ」と。
佐久間は横浜に向かいます。

そこで克也は「お前の差し金か!」
大河原(ピエール瀧)と広橋(ユースケ・サンタマリア)も詰め寄ります

そして死んだはずの健太も現れ、
どっちが正義か悪か、拳銃でロシアンルーレット。
生き残ったほうが正義。

健太・大河原・広橋の順で拳銃を撃ち、
4番めは佐久間だが、「止めてくれ」と騒ぐばかり。

健太が、「本当のことを言えば撃たない」と言い、
佐久間は本当のことを言い始めました。

その頃建物の外では、老刑事の向井(綿貫勝彦)の陰で、
警官の突入を止めさせることができていた。

そして誘拐は全部佐久間が仕組んだことだと分かり、
佐久間は逮捕。

sponsored link




一段落ついてホッとしていると・・・・
ジャーナリストの草壁が死んだと連絡が入ります。
頭を打ち抜かれて浮かんでいたと。

広橋は草壁に、「法廷で証言台に立ち、保釈された山内(村井國夫)の収賄の真実を話してほしい」と言われていたのだった・・・・。


原作は浅田次郎さんのきんぴかです。


福島克也に結構大きい子供がいる設定で驚き!
そしてこういう内容だからでしょうか、
全体的に画面が暗くて分かりづらい( ;∀;)

でも拳銃のロシアンルーレットはドキドキでした。
偽物の銃でも怖いよね??
見てられなかったです、怖くて。


以上が「きんぴか」4話の感想(ネタバレ・あらすじ含む)でした。


≪過去のネタバレ≫
1話 2話 3話

次回は第5話、最終回です!!
またネタバレ・感想を残します。


sponsored link




共通テーマ:テレビ
Copyright © 美しき罠~残花繚乱~あらすじ・ネタバレ・結末ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。